見直しワーク

保険無料相談で算出される金額より、限りなく最低限な必要保障額を計算していこう!

The following two tabs change content below.
育メンFP

育メンFP

◇AFP(国家FP技能士2級)◇ 10年の外資系保険会社、生損保乗合代理店での経験をもとに、現在は独立したファイナンシャルアドバイザーとして、保険だけに留まらず家庭の収支バランス診断やマネーアドバイスなどのコンサルに従事しています。CFP(FP1級)合格を目指し、娘が寝静まった夜に猛勉強中!

家計費の見直しはパパママにとってマスト!

日々の生活からどれくらい固定費の削減、生活費の節約が出来るかによって将来への不安は日々小さくなることでしょう。

第2回となるイクメン王のお金の勉強会では、必要保障額の出し方を紹介していきます。

保険会社や保険の見直し無料相談所で計算すると、保障額が高く算出されてしまうこともあります。

出来るだけ無駄な保険用を支払うことをなくすことで、家計費のスリム化と万が一のリスク対策も万全に準備しておきましょう!

全10回の家計見直しワーク「はじめに」

FPが教える!自宅で出来る全10回の「保険と家計の見直しワーク」家計と保険の見直しワークを最後まで、真面目に電卓片手に進めてくれた方は、月々の生活費大幅見直し一生涯の収入予想一生涯の支出予想万が一の必要額必要なだけの保険上記を得ることが出来ます。ワークを進めることで算出できた数字を把握できていれば、どんな保険相談窓口に行っても、損をするような保険を契約することはなくなると断言できます。...

家計見直しで使う最低限保障額算出法のメリット

保険関係者であれば、お客様に耳障りの良いセールストークを武器に、可能な限り高い保険、多くの保険に加入してもらいたいもの。

なぜなら保険関係者の給与は、我々消費者の支払う保険料がもとになっているからです。

お客様第一で提案していたとしても、そこには完全に中立な立場は難しいと考えておくと良いでしょう。

だからこそ、事前にパパママが勉強をし、知識をつけておくことで提案内容を判断する物差しを持つことができます!

必要保障額もその一つです!

事前に計算しておくことで、相談時も担当者主導ではなく、確認の場へと変わります。

最低限保障額算出法のメリット

・各家庭での最低限な保障額を算出できる!
・保障額に留まらず、家計の見直しや節約につながる!
・保険料を大幅に削減が可能!
・お金についての悩みが減る!

4ステップで必要保障額を鉛筆と電卓で計算していきましょう!

計算方法は全部で3ステップ!

全て計算していくなかで、パパママの皆さんは上記のメリットを享受することができます。

少し面倒な作業かもしれませんが、将来にわたるお金の不安が大きく解消されますので、頑張っていきましょう。

ステップ1 「家計の改善点を見つける!」

保障額を計算する前に、必ずやっていただのがこの作業。

生活費の見直しですね。目標としては今の生活費から20%の削減です!

削減した分を保険料に充てることが出来れば、今の負担と変わらず、上手くいけば保障も準備しつつ貯蓄分も残るかもしれません。

生活費を削減して、保障額の削減もしていきましょう。

ステップ2 「一生分の収入を計算しよう!」

続いて、第1回で説明した「一生分の収入」はいくらになるのか計算していきます。

給与はもちろん、公的年金や現在の貯蓄額含み資産などを合計して算出していきましょう。

国や会社から貰えるお金。
妻が稼ぐお金。
家庭に今あるお金。

を把握していきます。

かなり現実的な話になりますが、非常に大切なステップとなります。

ステップ3 「一生分の支出を計算しよう!」

最後は一生分の支出がいくらになるか計算していきます。

大黒柱であるパパにとっては、明るい話ではありませんが、ご自身に万が一のことが起きた際に遺族にはいくら残せるのか!?

その総額を把握しておくことに大きな意味はあります。

家族が万が一にも不幸にならないために、最悪に備えておくことは重要なことです。

ここでは、ステップ1で見直した生活費をもとに、遺族の生活費や住宅費などを合算して一生分の支出を算出します。

ステップ4 「最低限の必要保障額を確定させる!」

ここまで来れば、もうゴールしたようなものです。

一生分の収入-一生分の支出 = 最低限の必要保障額

上記式に当てはめて、単純な引き算です!

ほぼマイナスの数字になると思うので、その額が必要最低限の保障額となります。

貯蓄が潤沢にある。
不動産資産などがある。
計算でプラスの数字になる。

といった方は、保険はいらないかもしれませんね。

毎月の保険料で支出を増やすくらいなら、投資や貯蓄に回すのもオススメです。

必要保障額の把握は家族の将来を安定化させるため必ず知る!

必要保障額を出すことが出来れば、保険に加入するしないは関係なく、パパママとして家族として大きな一歩と言えます。

お金に対して学ぶことは、決して卑しいことでもなく、家族の将来を現実的に真剣に向き合うことです。

必要保障額の算出していく中で、パパママ達の将来の展望がぼんやりではなく、少しでもハッキリとした輪郭を帯びて来れば嬉しいですね。

それでは早速「ステップ1 家計の改善点を見つける!」に進んでいきましょう。

生活費の削減は直近の節約だけでなく、長期の保険料節約にも繋がる!!生活費の節約。家族が増えたパパママにとって、日々直面する悩みの一つです。 しかし節約方法は数あれど、その根底にある考え方を理解して実行しているパパママは少ないように感じます。日々の生活費を節約することは、万が一の際に必要が額が減ることに直結します。つまり、支出となる保険料も必要保障額が減額するので、より安くなるのです。...

必要保障額を手っ取り早く、知りたいパパママは無料の保険相談に行ってみても良いですね。

ABOUT ME
育メンFP
育メンFP
◇AFP(国家FP技能士2級)◇ 10年の外資系保険会社、生損保乗合代理店での経験をもとに、現在は独立したファイナンシャルアドバイザーとして、保険だけに留まらず家庭の収支バランス診断やマネーアドバイスなどのコンサルに従事しています。CFP(FP1級)合格を目指し、娘が寝静まった夜に猛勉強中!
こちらの記事もおすすめ!